夫婦のスキンシップは夫婦円満の維持、セックスレス解消に効果的

夫婦のスキンシップは大切です 夫婦の性生活

夫婦間のスキンシップは、女性のホルモンバランスを良くしたり、ストレスの解消、セックスレスの解消、夫婦円満の維持など、私自身が普段から妻にボディータッチをしていてその効果を実感しているので、今回はその夫婦間のスキンシップの効果と、自然にできるスキンシップの方法について書いてみたいと思います。

スキンシップの効果

夫婦間のスキンシップには様々な効果があると言われていますが、私が挙げると以下のような感じになります。

幸福感を高めるオキシトシンという幸せホルモンの分泌が良くなる

「オキシトシン」には、

  • 幸福感を与える
  • 社交性を高める
  • 不安や恐怖心を和らげる

などの効果があると言われていますが、オキシトシンはスキンシップによって分泌されるということが分かっています。

特に、配偶者や恋人とのスキンシップによって高い効果が期待できるそうです。

なので、夫婦間や恋人同士で、抱き合う、キスをする、セックスする、というのはとても大事なことなんですよね。

【参考】ココロとカラダに幸せホルモンのご褒美を 分泌に大事な食事や腸について知ろう│朝日新聞Reライフネット

お互いのストレス発散になる

私は男として単純に、妻の胸やお尻を触ると刺激になるし気持ちが安心するので、朝昼晩いつでも、子供達がいない二人っきりのときにはキッチンや寝室や洗面所(妻の洗濯の最中)などでしょっちゅうボディータッチをしています。

たださすがに、四六時中いつもいつもボディータッチしていたら妻も嫌がると思いますが、朝の寝起きとか昼間のチョットした瞬間、夜寝る前にキスをしながらなら胸やお尻を触るのは、妻もまんざらではないようなので、上手いタイミングでボディータッチをすればとても効果的だと思います。

普段、電車の中とかで他の女性の胸やお尻に触ってしまったらそれは痴漢行為になってしまいますが、夫婦の関係であればどこを触っても痴漢扱いにはなりませんので、結婚しているからこその特権ではないでしょうか。

ぜひ、夫婦間で積極的にボディータッチし合った方がいいと思いますよ^^

簡単に愛情を伝えられる

妻への愛情を肌感覚で伝えることができ、妻もまた「やめてよ!」などと言って強く断ることもなくこちらの気持ちを受け止めてくれるので、妻もおそらくボディータッチされることで女として見られているという安心感につながっているのではないでしょうか。

これは、男性から女性に対する戦略的ボディータッチと言っても良いかもしれません。

スキンシップで愛情を伝えることで夫婦円満につながり、その結果、家族関係も良くなる

日頃からスキンシップが普通にできている夫婦で仲の悪い関係というのは無いと思います。

夫婦が仲良くしていれば当然、夫婦関係でのストレスは無い、もしくは少ないと思いますので、親のストレスやイライラが無く、親がいつも笑顔で過ごしていれば、子供達も自然と笑顔の絶えない生活になっていくのではないでしょうか。

我が家の子供達は既に高校生以上の年齢になりましたが、アルバイトが無い時は親と一緒に一家団欒で夕飯など食事をしていますし、月に一回は家族揃って外食に出かけたりしていますので、夫婦の良好なスキンシップは最終的には家庭円満に繋がる大事な行為だと思います。

夫婦関係で重要になるセックスフルな関係につなげられる

いくつの年齢になっても、夫婦間でのセックスはお互いの愛情を確認し合う大切な行為だと思います。

普段からしっかりとスキンシップを取れる関係を維持していれば、そのまま自然な流れで夫婦間のセックスにもつながると思います。

最初の子供が産まれてから下の子供が中学生になるまでは夫婦二人とも、平日も土日も全て子供優先でやってきたので月に一回ぐらいセックスできればいい方でしたが、子供達がそれぞれ中学生になる頃からまた一週間から二週間に一回ぐらいのペースでセックスできるようなセックスフルな夫婦関係になりました

今では子供が産まれる前以上に夫婦関係が良くなったんじゃないかと思います。

なので、セックスレスでお悩みのご夫婦であれば、もしまだボディータッチとかスキンシップが許されるような夫婦関係であれば、セックスレス解消のキッカケになるかもしれません

効果的なスキンシップの方法

スキンシップも過度になってしまうと逆に相手が引いてしまうので、やはりさりげなく、自然な感じで触れ合うことをお勧めいたします。

寝起きのキスや寝る前のキス

子供が産まれる前は、朝起きたら、出かけるとき、夜寝る前などいつもキスをしていましたが、さすがに子供達が産まれてからはあまりあからさまにはキスはできなくなってしまいましたね。

いまキスをするのは子供達が家に居ないときぐらいでしょうか。。。

胸やお尻へのタッチ

私は妻の胸もお尻も好きなので、子供達が寝てる朝とか家に居ない時はしょっちゅう、妻の後ろから抱き着いて胸をもんだり、両手でお尻を触ったりしていますが、一応それなりにタイミングを見計らってボディータッチするようにしています。

妻もまんざらではない様子で「やめてよ💕」とか言いながら笑っているので、これは本当に効果的だと思いますね。

まだそのような事が許される夫婦関係であれば・・・

デートの時に手を繋ぐ

これもまた子供が産まれる前はいつも当たり前のようにデートの時は手をつないでいましたが、流石にお互い50歳を過ぎた今は、一緒に街へ出かけても恥ずかしくてスグには手を繋げないですね。

ただ私はいつも、夫婦でランチをするときは必ずビールを1杯か2杯は飲むので、そのほろ酔いの勢いで手を繋ぐようにしています。

そういう時は妻も手を繋ぐのを嫌がりません。

スキンシップをしっかりとって夫婦円満な関係を

個人的には、スキンシップを取り合う関係をリードするのはやはり男性の役割だと思っているので、フランスやスペインなど欧米の男性を参考に妻へのボディータッチは意識してやるようにしています。

妻もそれを嫌がることはありませんし、それで妻がいつまでも若々しくいてくれるならそれが本望です。

私の欲求が満たされ妻の愛され感も満たせるのであれば、これは一石二鳥以上の効果があると思いますので、特にご夫婦の関係にある方は、日頃からのボディータッチをお勧めいたします。

スキンシップについて参考になるサイト

以下のWEBサイトも参考になると思います。

「スキンシップ」には、パートナーや家族との絆を深めるこんな効果があるなんて! | Domani

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました